週記:私の母校でも履修漏れ

久々に「週記」を書きます。といっても、ニートやひきこもりとは関係ない話題です。

私の母校でも、例の単位の未履修が発覚しました。3年生全員が、このままだと必要な単位が揃わず、卒業が危ぶまれている状態だと報道されています。

私の母校は校則が厳しいことで以前から知られており、教師は校則の遵守を生徒に強く要求していたものですが、その教師が学習指導要領を遵守していなかったというのは、なんとも皮肉です。生徒指導に影響が出そうで、心配です。 * * * * * * * * * *

■ 私も履修漏れ?

こうなると、私が卒業したときも、単位がきちんと揃っていたかどうかが自信が持てなくなります。

考えてみれば、当時にして既に、教師たちの間には、文部省の役人に学校教育や大学受験の現場が分かってたまるかというような空気があったように思います。

そこで、当時の学習指導要領を調べて、単位を確認してみました。必修とされる授業はすべて受けていたのですが、授業内容に1箇所だけ納得がいかない点がありました。これが未履修にあたるのかどうかは、もう少しよく調べてみないと分かりません。

自分が卒業に必要な単位を揃えていなかったかもしれないと思うと、あまり気持ちのいいものではありません。志望の大学に合格できたのも、不正なカリキュラムでアドバンテージがあったからかもしれないと思うと、自分の人生にさえ自信が持てなくなってきます。

そういえば、小学校でも、道徳の授業を行わない教師がいたような…。

■ 選択科目

高校生当時、私は学習指導要領については分からなかったので、限られた科目しか勉強しなくて大丈夫だろうかなどと考えたものです。

つまり、例えば社会科なら、現代社会、日本史、世界史、地理、倫理、政治・経済の6科目が当時あったわけですが、私はこれらの全ての科目を履修して卒業したわけではありませんでした。必修科目と選択した科目以外は、中学レベルの知識しかなかったのです。

もちろん、これでも高校卒業に問題はありません。現在の学習指導要領でも、例えば日本史を勉強せずとも卒業できるようになっています。

しかし、後に社会に出たときのことを考えると、やはり全てきっちり勉強しておくべきではないだろうかと私は本気で考えていたのです。

そういうわけで、高校卒業後は、社会科と数学のうち、高校で履修しなかった科目の参考書を買ってきて、1人で勉強しました。

残念ながら、これは挫折してしまいました。

人気blogランキングへ



スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。