ニートひきこもりのボランティアと自立という話

私をネットで知ったという、あるボランティア団体の関係者の方からメールをいただいたことがあります。内容は、その団体参加の勧誘のようでした。

私はお断りのメールをお送りしました。

自立していないニートひきこもりの私が、人様の自立を支援する団体に参加するのは本末転倒と考えたからです。 * * * * * * * * * *

Messiah Complex■ メサイアコンプレックス?

「富条さんって、世話好き」

私は、ひきこもりデイケアの女性心理士からこのように言われ、少し照れたことがあります。

私はグループで孤立している人をみると、あれこれ余計な世話を焼いた時期がありました。そうした人たちを見ると、自分、特に過去の辛い思いをしていた頃の自分を見ているような気がして、放っておけなかったのです。

他人の世話をすることで、自分が癒されたかったのでしょう。

助け合いの精神は大事にしたいものです。しかし、私の場合は少々極端で、他人のことばかり心配して自分の心配はおろそかにしてました。自分こそ問題を抱えているのに、これでは本末転倒です。相手にとっては、私の行為はありがた迷惑だったかもしれません。

■ ボランティアは自分が自立してからにしたい

ひきこもりの人の中には、就労する前にボランティアをしてみようと考える人もいるようです。私はこうした人たちの考えを一概に批判するつもりはありません。

ただ、私は、ボランティアをするなら、できれば自分が精神的にも経済的にも安定してからにしたいと考えています。私には人様のことに多くの労力を費やす余裕などありません。

それに、私のような問題を抱えた人間が、人様のためにいったいどれだけのことができるのだろうかとも思います。まずは、自分の問題を解決することが先決です。

そういう次第で、ボランティアのお誘いはお断りしたのですが、私のメールの書き方が悪かったのか、誘ってくださった方は大変ご立腹されてしまいました。反省しています。

■ 私のブログ活動はボランティアではない

なお、私が「ニートひきこもりJournal」や「場面緘黙症Journal」で行っている活動は、ボランティアではありません。そうでなければ、広告を設置したり Amazon.co.jp のアソシエイトリンクを貼ったりすることはありません。

※ 一個人のブログをボランティアと言うのは大仰かもしれません。ですが、一部に、私の活動をボランティアのように理解されている方がいらっしゃりそうだったので、このような書き方をしました。(01/14/2007)

人気blogランキングへ



スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。