高校受験から偏差値が追放された世代

ひきこもりや、特に不登校の人に偏差値教育に関心が高いという人が多そうですから、たまには偏差値教育について書いてみます。

私の時代には、高校受験に「偏差値」という言葉がありませんでした。なんでも、偏差値教育はよくないという声が上がって、公立中学校の教育から偏差値や業者テストが追放されたのだそうです。

しかし、多くの公立中学校で行われていた教育は受験教育にほかなりませんでした。多くの生徒はできるだけ学力水準の高い学校に入ることを希望し、教師もそれにこたえた授業を行っていました。

受験で偏差値は使われなかったものの、代わりに高校合格の基準として点数が使われていました。地域の統一模試や、学校で行われる実力テストで大体何点ぐらいとっていればこの高校に合格できるとか、そういった具合です。 * * * * * * * * * *

■ 偏差値を追放しても…

偏差値を追放しても、受験戦争がなくなることはなかったわけですね。こんなことならいっそ偏差値を復活させた方が、合否判定のための材料が増えてよさそうにも思えます。

私の住む地域では、偏差値はなくなっても、合格に必要とされる点数によって高校が序列化されています(他地域でも大体そうだろうとは思いますが)。そして、生徒の成績によって、進学する高校が事実上決まっています。トップクラスの生徒はトップレベルの進学校に進み、その次ぐらいの学力水準の生徒は2番目の進学校に進み、その次ぐらいの学力水準の生徒は3番目の進学校に…といった具合です。進んだ高校によって、その生徒が事実上序列化されています。偏差値による序列化と変わりありません。

もしかすると、点数は絶対評価だけれども偏差値は相対評価だからよくないという考えも偏差値追放運動の根拠の一つになっていたのかもしれません。しかしそれなら、通知表の評価も絶対評価にしなければ、つじつまが合いません。

結局、偏差値を追放しても、より学力水準の高い高校に進学したいと考える中学生が多い限り、受験戦争や学力による序列化はなくなりません。受験があるから偏差値があるわけであって、偏差値があるから受験戦争があるわけではありません。

■ センター試験に合格?

点数を基準に志望校の合否の可能性を考える、というのは大学入試センター試験とよく似ています。センター試験では偏差値よりも点数が重要になります。そして、点数によって大学や学生が見事に序列化されています。

稀に、センター試験に合格したとか落ちたとか、妙なことを言う人がいますが、センター試験に合否はありません。「TOEIC合格」というようなうたい文句を見かけることもありますが、これも同じ理由で間違いです。

人気blogランキングへ



スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。