ひきこもりグループセラピー、参加者とスタッフのズレ

鈴木真之「引きこもりの子どもを持つ親グループとの関わり : スタッフの実施意図とメンバーの参加目的とのズレに関する考察」『名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要. 心理発達科学』、第50巻、344-345ページ、2003年。

↑ ひきこもりの子を持つ親を対象にしたグループセラピーに関する研究です。タイトル通り、スタッフの実施意図と親の参加目的との間のズレについて考察されています。ズレとは、どういうことでしょうか。

[スタッフの実施意図]

同じ問題を抱えている親同士が話し合うことで、自分の気持ちや行動に気づき支え合うことが出来るようになる場を提供する。親たちの自発性を尊重。

[親の参加目的]

スタッフに「何とかして欲しい」「教えて欲しい」

■ 私の事例

私がひきこもりデイケアで経験したことと同じです。

私が参加したデイケアの場合、親ではなく本人を対象にしたものでした。

私も当初は自分が自発的に変わるんだと思いつつも、スタッフに「何とかして欲しい」「教えて欲しい」と考える傾向がありました。少しでも早くひきこもりから脱したくて藁をも掴む思いでしたし、そもそもスタッフの役割はそういうものだと思い込んでいました。

実際、スタッフにこんなことを聞いたことがあります。

どうすれば、社会に出ることができるか分からない。その方法を教えて欲しい。
* * * * * * * * * *

しかし、これに対するスタッフの答えは、こうでした。

富条さんは、どう考えているの?

このスタッフはおそらく、逆に私に問いかけることで、私自身が自発的に問題解決の答えを見つけることを期待したのでしょう。ですが私は、自分で考えても分からないから聞いているのに…と不満を感じたものです。

もともと、スタッフのデイケア開催意図はそういうものではなかったわけです。デイケアはメンバーの自発性の発露を尊重するもので、スタッフはメンバーにあまり指示や助言はしないのです(たぶん)。ですが、そうしたことを知らなかった私は突き放されたような感じを受け、勝手にスタッフに失望してしまいました。スタッフから見れば、私は依存心が強いと映ったことでしょう。

デイケアの趣旨をよく知らずに参加した私が一番悪かったのでしょうが、スタッフも予め説明してくれてもよかったのに、と思います。

■ クライエント中心療法

論文で取り上げられているグループセラピーも、おそらく私が参加していたデイケアも、クライエント中心療法(来談者中心療法)です。つまり、スタッフがクライエントに指示をすることなく、クライエント自身が自分の力で答えを見つけることを促すというものです。

でも、こんなの、予め説明されないと分からないよ…。

ひきこもりなんて危機的状態に直面したら、スタッフに助けを求めたくなるのが自然だと思います。

⇒ 人気blogランキングへ

↓ 下記のページ右上の「CiNii PDF」というボタンから、論文を無料でダウンロードできます。国立情報学研究所が行っているサービスです。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110000988189/

[関連記事]

◇ ひきこもりグループセラピー(ニートひきこもりJournal別館)




スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。