程度が分からない

恥ずかしながら、私は程度というものが分かりません。こんな自分が社会に出ても、とても通用するとは思えません。

例えば、家族で車でどこかに出かけるとき、運転するのは私の役割です。運転の前に「富条、運転大丈夫?」とよく聞かれます。運転するのに体調は大丈夫か、寝不足ではないか、寝起きではないか、要するに事故を起こす心配はないかということです。

しかし、私はいつも「そんなの分かりません。いつ事故を起こすか分かりません」と答え、親を戸惑わせています。私に言わせれば万全な体調なんてないし、事故が100%起きない可能性なんて保証できません。

こんなことを真面目に考える私を、多くの人は「ばかばかしい」と感じることでしょう。それは確かに、事故が100%起きない可能性は誰にだって保証できません。そうでなかったら、保険会社は商売になりません。ですが、普通の人は、100%保証はできないけれども、ほどほどのところで「大丈夫です」と言うものです。ですが、私は、そのほどほどのところが分からないのです。

家の手伝いをするときは、いつもこんな感じです。親に「大丈夫?できた?」と聞かれても、どの程度を「大丈夫」「できた」と言っていいのかが私には判断できないので、「分かりません」「自信がありません」と答え、親を戸惑わせています。

自分で自分のことを、おかしいな、どこか社会に適応できていないなと思っています。

⇒ 人気blogランキングへ

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。