俺たちは大変な苦労している、それなのにお前たちは…

昨日は首都圏を台風が直撃しましたが、首都圏が台風の通り道になるのは、わりと珍しいことではないかと思います。

それで思い出したのですが、首都圏には雪が降ることもあまりありません。

私は雪国に住んでいるのですが、積雪5~10センチほどで首都圏の交通機関が麻痺しようものなら、雪国の人の中には、

「なんだ、あの程度で。俺たちはいつも、もっと多い雪の中で暮らしているんだぞ」

とか、

「ざまあみろ、俺たちの辛さ、思い知ったか」

というような言い方をする人がいます。

もっとも、首都圏の人には、雪国にはない通勤ラッシュなど、別の苦しさを味わっているのだろうと私は思います(雪の多い地域はだいたい人口が少なくて、通勤ラッシュもありません)。

* * * * * * * * * *

自分が苦しい思いをしているのに、そういう思いをしていない(ように見える)人がいたら、我慢できない心理が人間のどこかにあるのでしょう。「あいつも、俺のように苦しい目に遭えばいいんだ」と、僻みの対象にするのです。

それにしても、降雪量が非常に多い地域というのは、本当に大変だそうです。雪がらみで死者が出ることもあります。私が子どもの頃は、雪が降る地域が羨ましかったのですが、いざ雪国に住んでみると、考えが変わりました。

⇒ 人気blogランキングへ

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。