続・回避するひきこもり

ひきこもりデイケアに参加されていたある若手女性心理カウンセラーが、退職されたときのことです。

その心理カウンセラーは心理カウンセリングの仕事は辞められ、まったく違う職種に転職されるというお話でした。その職種は、とりあえず「ホスピタリティ関係」とでも言っておきましょう。

具体的な転職先を教えてくださり、「ぜひ(お金を払って)遊びに来てください」とPRされていたので、その通り遊びに行きました。

私が玄関に入るなり、元心理カウンセラー氏は駆け寄って私を歓迎してくださいました。「こんなに早く来てくれるなんて思わなかった」私は、お金(少額)を払ってサービスを受け、帰る際に元心理カウンセラー氏にこう申し上げました。「また、ときどき遊びに来ます」

* * * * * * * * * *

しかし、私があの場所に再び遊びに行くことはありませんでした。

どうしてかと言うと、私のような無職の人間、ニートひきこもりが、心理職から離れた一般の方にいつまでもつきまとうと、迷惑ではないかと後から思ったからです。

私が元心理カウンセラー氏と仲良くしているところは、その職場の他の人も見ていましたが、元心理カウンセラー氏は、私のことをどう説明したのでしょうか。何もニートひきこもりに理解のある人ばかりがその職場にいるわけではないのです。

それにしても、結果的に元心理カウンセラー氏に嘘をつくことになってしまい、失礼なことをしたと思っています。もう一回ぐらいは遊びに行ってもよかったかもしれません。

⇒ 人気blogランキングへ

[関連記事]

◇ 回避するひきこもり
◇ 就職したら、僕なんかと付き合うな

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。