就職活動のときに集めた資料が捨てられない

私も大学卒業前は就職活動をしていました(途中でニートひきこもりになってしまいましたが)。

私の部屋には、そのときに集めた資料や、志望職種の勉強等のために買った本が山のようにたまっています。一時は公務員試験の勉強にまで手を出していましたが、そのときの参考書や問題集まで残っています。

どうしてそういうものがたまっているのかというと、処分するタイミングを逸してしまったからです。もう新卒で就職活動という歳でもなく、いまさら捨てるのは近所の目が気になります。ニートひきこもりになって間もない頃に処分すればよかったようにも思うのですが、私の場合、いつからそうなったのか、はっきりしませんでしたから。

私の部屋にたまっているこれらのものを見ると、嫌な気分になります。あまり正視したくはありません。

それにしても、これらのものを買うために費やしたお金、勉強のために当てた時間を考えると、とてももったいなく思えてきます。

これだけならまだいいです。このままでは、私が小学校~大学までの間に行われてきた教育投資までもが無駄になりかねません。特に小学校・中学校・大学などは、市立や国立のところに通っていましたから、税金の無駄遣いにもつながります。そうならないようにしたいものです。それにしても、こうして見てみると、ニートひきこもりって、資源の無駄遣いですね。

⇒ 人気blogランキングへ

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。