塾に行きたくても行けない人がいるのに…

「塾に行きたくないなんて言うな!世の中には、塾に行きたくても行けない人もいるんだぞ!」

こういう説教、あるのでしょうか。

よく、不登校問題で

「学校に行きたくないなんて言うな!世の中には、学校に行きたくても行けない人もいるんだぞ!」

というのはよく聞きます。ですが、今回は学校ではなく、塾に焦点を当てて色々書きます。

* * * * * * * * * *

世の中には塾に行きたくても行けない人もいる

だから、塾に行きたくないなんて言うべきではない

私はこの論理が、どうしても分からないのです。塾に行きたくても行けない人がいるのは分かります。しかし、だからといって、なぜ塾に通える立場の人が「塾に行きたくない」と口にしてはいけないのでしょうか。

もしかすると、贅沢はいけないということでしょうか。塾に通えない人がいる中で塾に通えるのは恵まれたことなのに、それを放棄しようとするのは贅沢なことでいけない、ということでしょうか。しかし、贅沢は悪いというのは価値観の押し付けのように思えます。善悪の問題に答えは出せません。私などは、贅沢ができる立場の人は、その立場から得られる利益を享受してしまって構わないのではないかと思います。

あなたは子供の頃、親御さんに「クラスの○○君の家は、おもちゃたくさんあるよ。うちも、おもちゃたくさん買って」と説得しようとして、「うちはうち!他の家は他の家です!」と言い返されたことはありませんか。塾の問題にしても同様ではないかと思います。うちはうち、他の家は他の家。子供を塾に通わせている世帯の問題と、塾に通わせることができない世帯の問題は、分けて考えてもよいのではないかと思うのです。 * * * * * * * * * *

実は私は、塾に行きたくても行けない子供でした。父が亡くなり母子家庭になってから、急に習い事に通わせてもらえなくなったのです。おそらく経済的な理由だろうと思います。塾に通っている子が羨ましかったものです。

ところが、塾通いの子は「どうして塾になんて行かなければならないのか(行きたくない)」というのが口癖でした。

私はこの口癖を何度も聞いたものですが、「塾に行きたくないなんて言うな!世の中には、塾に行きたくても行けない人もいるんだぞ!」などと怒りを感じたことはありません。もし、「富条君、君が塾に行けない分、僕は頑張って塾で勉強するよ!」などと私に言う子が現れても、嬉しくも何とも思わなかったでしょう。

塾通いの子には塾通いの子の悩みがあるのかな、と思った程度です。

⇒ 人気blogランキングへ


スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
95位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。