ニートと奨学金の未返還

大学等の奨学金の未返還が多く、問題になっています。

私の地元の新聞は、何年か前に、大学を卒業しても働かないニートの増加を、未返還者増加の考えられる原因の一つとして挙げていました。

つまり、本来は大学を出たら働いて奨学金を返すところを、ニートになって奨学金を返すための資金を稼がない若者が増えているのではないかという指摘です。

もっともらしいですが、これには確たる根拠がなく、本当にニートの増加が奨学金の未返還増加の一因になっていたかどうか、もし一因だったとしたら、どの程度関係していたかは、はっきりとは分かりません。

何年か前までは学生の就職戦線が大変厳しく、このことがニートを含めて、働いて奨学金を返還しない(できない)者の増加に関係していたのかもしれません。また、最近話題になっている、支払い能力があるにも関わらず給食費を払わない者、治療費を払わない者の増加とも、地続きの問題なのかもしれません。

* * * * * * * * * *

ちなみに、私は奨学金の未返還はしていません。そもそも、奨学金は受けませんでした。

もし奨学金を受けていたにも関わらずニートひきこもり化して返還していなかったら、良心の呵責で、たまりません。返還しないということ自体、良心から耐えられません。

加えて、奨学金は、先輩世代が返したお金を後輩世代が借りるというシステムです。私が奨学金を返さないばかりに、後輩に迷惑がかかるのです。親に寄生してニートひきこもりしているだけでなく、言ってみれば後輩にも寄生して勉強していたことになります。ニート化して、家庭外の人である後輩にまで迷惑をかけるというのは苦しいです。

しかし、いくら良心の呵責を感じても、働いて奨学金を返せず、自分を責め続けるのがニートひきこもりだと思います。

⇒ 人気blogランキングへ

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。