高校の進学指導

私の出身高校のパンフレット・学校案内を見てみたのですが、短い間に学校はずいぶん変わったと感じました(パンフレットの内容がどこまで信用できるか分かりませんが)。

進学指導の方法も私の頃とは違います。最近では、生徒の「将来したいこと」「夢」「進路適正」に焦点を当てているようです。

私が高校生の頃、私の学校で進学指導と言えば、実際は勉強指導のことでした。いかにして学力を上げるか、勉強で分からないことはないか、志望校へはまだまだ学力が足りないぞ、そんな話ばかりでした。

将来どういう道に進みたいのか、そういった話が進学指導でなされることは、ほとんどありませんでした。「そんなこと指導しなくたって、お前たちぐらいの年齢なら自分で考えてるだろ」と、学校が生徒を大人扱いしていたのかもしれませんが、単に指導に穴があっただけかもしれません。

* * * * * * * * * *

指導方針が変わったのは、なぜなのでしょうか。例えば、OB・OGを追跡調査したところ、自分の将来を考えずに漠然と進学して、やりたいことが分からずニート化した人が多かったという事実でも判明したのでしょうか。

いや、さすがに追跡調査はなかったかもしれませんが、自分がやりたいことが分からずニート化する若者への問題意識が社会的に共有されているので、それを受けたものなのかもしれません。いずれにせよ、はっきりとした理由は分かりませんが。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
95位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。