ひきこもり、日光に当たらず、うつに

私の母が、自分は「冬季うつ病」にかかったのではないか、と言っています。

冬になると日光に当たる時間が減るために、うつ病になることがあるそうです。それが冬季うつ病だそうです。

母曰く、自分はお正月には外に出かけず、家にひきこもって暮らす日々が続いた。窓を開けると冷たい空気が入ってくるので、昼もカーテンを閉めて生活していた。このため、日光に当たる時間が減り、うつになってしまったのではないかというのです。

それに加えて、母(と私)が住んでいる地域の気候の問題もあります。この地域は冬になると日照量が極端に減ります。晴れの日は少なくなり、曇り、雨、雪の日が多くなります。ですから、たまに母が外に出ても、日光に十分に当たることがなかなかできないのです。

* * * * * * * * * *

そのわりに、母よりももっとひどい、ひきこもり生活を送っている私が、冬季うつ病にかからないのは不思議なものです。個人差があるのでしょう。

ひきこもり生活を送っている人は、気をつけたいところです。ひきこもりと日光というと、よく昼夜逆転の改善という点で語られることが多いですが、うつ病という点からも気をつけたいところです。ですが、冬に外に出ると寒いし、カーテンを開けると冷たい空気が部屋に入ってくるし、なかなか気がすすまないのが人情ではあります。

ちなみに、私の母の冬季うつ病は、非常に軽いものではないかと私は思います。うつ病というわりには、とても元気です。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。