先生の言うことを素直に聞いて

高校時代、私は学校の教師の学習指導にとても忠実な生徒でした。授業を重視して勉強していたため、定期テストにはめっぽう強く、クラスでは常にトップを争っていました。しかし、業者の模試にはすこぶる弱く、全国偏差値は伸び悩んでいました。

同じクラスの別の生徒T君は、私とは対照的でした。教師の言うことは聞かず、学校の授業をおざなりにして、授業中に内職までしていました。どうやら、学校の授業よりも塾の授業を重視していたようです。彼は学校の定期テストには弱かったのですが、模試はとても強かったようです。

その後、二人とも大学に現役合格したのですが、私が中途半端な難易度の大学にしか合格できなかったのに対し、T君はけっこうな難関大学に合格していたのでした。

* * * * * * * * * *

大学在学中、私は大学の教官の指導にとても忠実な学生でした。教官の指導通りアルバイトは自粛して(母子家庭なのに…)学業に専念、おかげで成績表は「優」ばかりでした。

一方、こうした教官の指導に従わない学生がずいぶんといました。ある先輩は、単位は留年しない程度にそろえて(そのため、成績表は「可」ばかりでした)、時間は公務員試験の勉強に当てていました。学生の中でも特に多かったのは、学業がおろそかになってもアルバイトをする学生でした(これには経済的な事情もあったのでしょうが)。

卒業後、私は就職が決まらずニート、ひきこもりに。一方、例の先輩は、公務員試験に合格したそうです。他の学生も、はっきり分からないのですが、ちゃんと就職できた学生が多かったのではないかと思います。

* * * * * * * * * *

私が先生の指導に忠実すぎたため、かえって人生に失敗したのかどうかははっきり分かりません。先生方の指導に従わなければ、もっとひどいことになっていたかもしれません。ですが、人生がうまくいかないと、こうしたことも原因ではないかと疑ってかかりたくなります。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
95位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。