社会適応のためにカラオケ(前編)

ひきこもりの私にとって、社会適応のために最も必要なスキルの一つは、カラオケではないかと考えていた時期があります。いまどきカラオケも歌えないようでは、職場の付き合いはもちろん、プライベートでもまともな友達づきあいはできず、社会不適応者になってしまうと真剣に思いつめていたのです。

今になって冷静に考えてみれば、果たしてカラオケがそこまで重要なことだろうかと少し疑問にも思います。確かにカラオケが歌えないと不自由を感じる場面は出てくるかもしれませんが、特にひきこもりの人には、もっと他に大事なことがあるのではないかと思います。

私はもともと、カラオケを歌うのは不良という極端なことを考えていて、これがカラオケを敬遠する理由の一つになっていました(「カラオケは不良の行くところだと思ってた!」参照)。ですが、ひきこもりになって色々考えているうちに、考えが変わりました。

■ ひきこもりデイケアでカラオケへ!

そこである日、ひきこもりデイケアのスケジュール決めのときに、私自ら「カラオケに行きたい!」と提案しました。苦手なカラオケに挑戦しようということです。これが他メンバーからの支持をいただいて、デイケアでカラオケに行くことになったのでした。

ですが、いきなりデイケアで、多くのメンバーや心理士が見ている中、歌を歌うのは私には難しそうでした。そこでまず、私一人だけでカラオケボックスに行って歌を歌い、それに慣れてから、デイケアで仲のいいY君と二人でカラオケボックスで歌を歌い、そうした「予習」を積み重ねた上で、デイケアに望もうとしたのでした。

こうして社会適応のために一生懸命カラオケに挑戦していた私を、親は冷ややかな目で見ていました。カラオケなんて、ふざけやがって、ということです。私の親はカラオケ好きで、「カラオケ嫌いな奴に、ろくな人間はいない!」とまで断言する人ですが、こうした親には、カラオケが苦手で悩んでいる人のことは分からないのでしょう。

(つづく)

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。