正規労働者と非正規労働者の賃金格差について

正規労働者と非正規労働者の賃金格差は、経済学的にはどう説明されるのだろうかとずっと疑問に思っていました。

不勉強な私は、先行研究に十分に目を通していないので、経済学者の間でどう説明されているかほとんど知りません。知っている限りのこと(学部レベルの知識)で、考えています。

○ 生産性

市場メカニズムが有効に働いていれば、賃金は生産性によって決まるというのが最も基本的な考え方ではないかと思います。生産性の高い労働は賃金が高いですが、そうでない労働の賃金はそれなりです。生産性格差が賃金格差を生みます。

「生産性を反映しない賃金差があれば、市場メカニズムによって、割安な労働力の需要が増大し格差が修正され、長期的には賃金格差は生産性の格差に収斂していく」[1] ため、長期的には、同一生産性・同一賃金が実現するはずです。

ですが、何らかの理由により市場メカニズムが有効に働いていなければ、この限りではありません。

この生産性だけで説明できない賃金格差があるのであれば、他に何かあるはずです。

○ 仕事の属性

補償賃金格差というものがあります。3K(きつい、汚い、危険」)労働はその分かりやすい例ですが、こうした負担が多い仕事は、その分賃金が高くなります。仕事の属性によって、賃金も変わってくるということです。

○ 労働組合

労働組合の力も賃金に影響を与えます。非正規労働者は正規労働者よりも労組加入率が低いという話を聞いたことがありますが、どうなのでしょうか。

○ その他

その他にも、差別など、賃金格差は様々な要因によって決まります。

* * * * * * * * * *

正規労働者と非正規労働者の賃金格差は、これらのうちどれによって説明できるのでしょうか。

今月7日に発表された、OECD の "Economic Survey of Japan 2008" は、「正規労働者と非正規労働者の間の生産性の差は、賃金の差よりも小さい」 ([T]he difference in productivity between regular and non-regular workers is much smaller than the wage gap) [2] と分析しています。これが一つのヒントになりそうです。


[1] 永瀬伸子「非正社員と正社員の賃金格差の納得性に関する分析」『国立女性教育会館研究紀要』Vol.7、4ページ。
[2] OECD, "Economic survey of Japan 2008",
http://www.oecd.org/document/23/
0,3343,en_2649_201185_40375191_1_1_1_1,00.html
[2008 Apr 9]

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
95位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。