タレントは友達代わりになるのか

人とコミュニケーションをとるのが苦手なせいか、昔からなかなか友達ができません。

そんな私が、ある時期、演歌歌手(!)がディスクジョッキーを担当するラジオ番組をよく聴いていました。今からかなり前、まだ私がニート、ひきこもりになる前の頃です。

ラジオを聴いていたのは演歌・歌謡曲が好きだったからにほかならないのですが、もしかすると、演歌歌手を勝手に自分の「友達代わり」にしていたのかもしれません。

私の演歌の楽しみ方は、以前「ポピュラー音楽のイベントとひきこもり」でお話したとおりで、イベントには顔を出さず、一人自分の部屋に閉じこもって、ラジオやテレビを通じて、イベントの内容を見聞きするというものでした。

そんな私ですが、実は演歌歌手とコミュニケーションをとったことがあります。

たった一度だけ、演歌歌手のイベントに顔を出したことがあり、そのときに歌手とちょっとしたコミュニケーションがあったのでした。さらに、やはりたった一度だけ、演歌歌手のラジオ番組に投書したことがあり、幸か不幸かそれが採用されて、私が書いた文章を演歌歌手が読み上げたことがあったのでした。

そのときに感じたことは…たとえ相手がタレントであっても、やはりコミュニケーションがうまくとれないと困るという現実でした(当たり前と言えば当たり前ですね)。私は勝手に演歌歌手を友達代わり?にして、熱烈な思いを抱いていました。しかし、いざ実際にその歌手と会ったりしてみると、歌手とギクシャクしてしまったのです。相手の歌手も、困ってしまっていたかもしれません。夢の世界から、現実に引き戻されてしまったのでした。

それにしても、現実世界で友達ができない人に、勝手に友達代わりにされると、歌手はどのように感じるものなのでしょうか。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
95位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。