アンダークラス論:貧困は本人のせい?

Charles Murray and the Underclass (Choice in Welfare)西村貴直「"アンダークラス"と『フリーター』: 『脱』工業社会の貧困問題」『長崎国際大学論叢』第5巻、2005年1月、185-194ぺージ。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110004628555/
(CiNii は国立情報学研究所のサービスです)

「アンダークラス」という概念は、もともとは、経済学者・Gunnar Myrdal の1963年の著書 Challenge to Affluence(邦訳書『豊かさへの挑戦』)の中で初めて使われた欧米の概念で、平たく言えば、貧困層のことです。当初は、アンダークラスが生み出されるに至った社会的背景への注意を喚起する目的で使われた概念でした。

しかし、その後、アンダークラスの概念は変わっていきます。Charles Murray 氏などにより、アンダークラスという概念は、次第に当事者たちの行動様式のあり方を強調するものに変わっていきました。

分かりやすく言えば、もともとは社会が原因で貧困になる人たち、という意味だったのに、怠惰や非行といった本人たちが原因で貧困から抜け出せない人たち、という意味に変わっていったといったところでしょうか。

フリーターの増加の要因は若者自身にある(若者の意欲や能力の低下など)と考えるべきなのか、それとも社会の方にある(経済構造の変化など)と考えるべきなのか。上の論文の著者は後者の立場をとり、フリーターをアンダークラス概念と対比させ、その言説にともなう問題を示しています。

* * * * * * * * * *

フリーターとアンダークラスの共通点に着目しているところが、この論文の面白いところだと思います。著者は、フリーターを「日本版 "アンダークラス"」と表現しています。

とすると、ニートやひきこもりも、「日本版 "アンダークラス"」と考えてみるのはどうでしょうか。ニートやひきこもりは、フリーター以上に、本人に原因があるという見方が一般的ではないかと思います。「就職氷河期には、正社員の求人そのものが少なかったから、フリーターにならざるを得ない若者が増えたのは仕方がない。しかし、ニート、ひきこもりは求職活動すらしておらず、フリーターと違って仕事への意欲がない。仕事をえり好みしている者もいるのではないか」といったところです。

そうしたニート論、ひきこもり論の当否については、ここでは私は何も書きません。ただ一つ言える事は、学者など第三者は、ニート、ひきこもり増加の原因を社会に求めるのは自由ですが、ニート、ひきこもり本人がそうすることはできないということです。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。