一般企業では勤まらない人

「自分は一般企業ではやっていけなかったから、大学に戻ってきたんだ」

私が大学に入学して間もない頃、ある若い先生(助教授)が私たちにこう話されたのを覚えています。もっとも、この先生は、本気でこうおっしゃったのか、それとも冗談でこうおっしゃったのか、そのあたりのところは分かりません。

学生の中にも、「一般企業でやっていけない変わった人が、大学の教員になる」という、とんでもないことを冗談めかして言う人がいました。もっとも、逆に一般企業では通用しても、高度な専門知識が要求される大学教員はとても勤めらないという人は、ごまんといそうです。

* * * * * * * * * *

私が子供の頃から漠然と感じていたのは、大人の中には、一般企業では勤まらないタイプの人がいるのではないかということでした。実際、私の親類の中にはそう言われていた人が多数いました。一般企業の社員として勤めきることができた人は、私の親類には実に少ないです。今で言うニートになった人も何人かいました。

かく言う私も、子どもの頃から、親を含む多くの人から、一般企業ではやっていけないタイプだと言われ続けてきました。性格があまりに大人しすぎるからだそうです。

もっとも、中には、「君のような若者は、どこに行っても通用する」とおっしゃってくださる方も、何人かいらっしゃいました。性格が真面目そうだからだそうです。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。