日本の若年ホームレス、ネットカフェ難民の数

32人

これは 2007年における、0~34歳の若年ホームレスの数です。

ニートやひきこもりについては、よく「家から追い出せ」という主張があります。本当に家から追い出すとホームレスになってしまいますが、果たして若年ホームレスは日本にいったいどれぐらいいるのだろうかと気になり、調べてみました。

0~34歳という年齢を設定したのは、ニートが18~34歳と定義されることが多いので、それに合わせました。なお、若年ホームレスを年齢層別に見てみると、19歳以下が1人、20~24歳が3人、25~29歳が8人、30~34歳が20人です。

もっとも、この32人全てが、ニート、ひきこもり生活の末に家から追い出されたとは限りません。

[出典]

◇ 厚生労働省「ホームレスの実態に関する全国調査報告書」、平成19年4月、13ページ。
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2007/04/dl/h0406-5d.pdf
[最終アクセス2008年5月12日]

* * * * * * * * * *

ところが、次のような数字もあります。

2,506人

こちらは、同じく 2007年における、ネットカフェで寝泊りする者のうち住居を喪失した0~34歳の若者の数です。「ネットカフェ難民」の若者と言えばいいのでしょうか。

ネットカフェで寝泊りする者で、住む家がない者の数は 5,400人と推計されています。そのうち、0~34の若者の割合は 46.4%です。そこから 2,506人という数字を割り出しました。同様に、年齢層別に求めると、19歳以下が529人、20~24歳が713人、25~29歳が718人、30~34歳が540人です。

先ほどの 32人という数字と比べるとかなり大きな差がありますが、この2,506人も、全てがニート、ひきこもり生活の末に家から追い出されたとは限りません。

32人にしろ2,506人にしろ、何十万人とも言われるニート、ひきこもりの数に比べれば、比較にならないぐらい小さな数字です。

[出典]

◇ 厚生労働省「日雇い派遣労働者の実態に関する調査及び住居喪失不安定就労者の実態に関する調査の概要」、平成19年8月。
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2007/08/dl/h0828-1n.pdf

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
95位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。