低下する男性の労働力率(労働参加率)

問題です。

15歳以上人口のうち、働いている人と、求職活動をしている失業者求職活動をしていて仕事があればすぐに就ける失業者を「労働力人口」とします。日本では、労働力人口は15歳以上人口のうち何%ぐらいを占めているでしょうか? * * * * * * * * * *

正解はおよそ60%です。

では、働きも職探しもしない働かず、失業していても職探しをしないか、仕事があってもすぐには就けない状態にある残りのおよそ40%(「非労働力人口」)はいったい何をしているのでしょうか。そういった人たちは、例えば定年を過ぎて年金生活を送っていたり、家事をしていたり、学校に行っていたりするわけです。ニートやひきこもりの人もいます。

■ 労働力率(労働参加率)

女性の労働力率先ほどお話した60%という比率は、「労働力率(労働参加率)」と言われています。

労働力率は、年齢・性別によって違いがあります。

通学者の多い未成年層や、定年を過ぎた高年齢層は、労働力率は低いです。

また、女性も労働力率は低めです。女性の労働力率を縦軸に、年齢を横軸にすると、女性の労働力率と年齢の関係を示す折れ線グラフはM字型になることが知られています(図は大雑把に描いてあります)。20~30代になると、家庭に入る女性が増えるからです。

20代後半~50代あたりの男性の場合、労働力率は100%に近くなります。

■ 低下する男性の労働力率

下記のページは、統計局ホームページの「国勢調査トピックス」です。労働力率についてよくまとめられています。

http://www.stat.go.jp/
data/kokusei/2000/topics/topics07.htm

(※ 新しいウィンドウは開きません)

ページ中ほどに、「男女、年齢別労働力率」という表があります。これによると、近年の女性の社会参加を反映してか、女性の労働力率は昭和55年から平成12年にかけて年々上昇傾向にあることがはっきり分かります。

一方、男性の労働力率はどの年齢層でも年々低下しています。20歳前後の労働力率の低下は進学率の上昇が一因でしょうが、他の年齢層でも労働力率が低下しているのはなぜなのでしょうか。30~40代の働き盛りの世代でも明らかに低下しています。

労働供給側に何かあるのでしょうか。若者に限らず、男性の就業意欲は減退しているのでしょうか。主夫化したり、大学に入り直したりしている人が増えているのでしょうか。ニート化している人が増えているのでしょうか。気になるのですが、私にはよく分かりません。

※ 2008年5月21日、2箇所訂正しました。



スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。