プライドの高さ、若者特有の万能感

『週刊ダイヤモンド』2008年3月22日号に、大学受験に失敗した娘のことを書いたある男性の文章が載っていたのですが、それを読んで、私の大学受験時代を思い出しました。

私のクラスメイトたちは、模試の際には、志望校欄に難関大学ばかりを書いていました。しかし、彼ら・彼女らの偏差値は必ずしも高くはなく(私もそうだったのですが)、模試の結果、彼ら・彼女らに返ってきたのは、D判定やE判定ばかりでした。

自身の学力を省みず難関大学の名前ばかり書く教え子達を、先生方はプライドが高いとして、さんざん馬鹿にしていました。私は、プライドだけでなく、若者特有の万能感も、クラスメイトたちをそうさせたのではないかとも思っています。自分は特別な存在であり、二流三流の大学で収まってたまるかといったところでしょうか。

結局受験が終わってみると、ほぼ全員が難関大学には合格できませんでした。「あんなに勉強したのに…どうしてこの程度の大学にしか受からなかったんだ」こういう声が、クラス中のあちこちから聞こえてきました。

私は同じクラスメイトとして、彼ら・彼女らの努力をよく見てきました。1年生の頃から大学受験を見据え、部活動にも入らず、勉強ばかりの毎日をよくぞ耐え抜いたものだと思います。

ただ、受験生は誰だっておおむねよく勉強しているものです。本人たちとしては勤勉に頑張っていたのかもしれませんが、難関大学に合格する人はそれ以上に勉強していたのかもしれません。クラスメイトが馬鹿にしていた比較的偏差値が低い大学に入学する学生も、実は彼ら・彼女らが考えていたよりも、ずっと多くの勉強量をこなしていたのかもしれません。あるいは、残念ながらこのクラスには、もともと受験勉強の素質があまりない人が多かったのかもしれません。

こうして、クラスメイトたちは、自分たちは一流大学に入れなかった、努力は簡単には報われなかったということを実感して、高校を卒業していったのでした。しかし、こうした経験は意義深いものだったのではないかと私は思います。

* * * * * * * * * *

ちなみに、私はクラスメイトたちとは逆に、志望校欄には自分の身の丈に合った大学ばかりを書いていました。しかし、先生は、私は身の丈どころかそれ以下の大学を志望していると見ていたようで、「どうしてお前が、こんな偏差値の低い大学志望するんだ」「こんなの、クラスではお前だけだぞ」と何度も私を注意していました。この件で、職員室に呼び出されたことまであります(私が一番情けないです)。

私はプライドが低かったのかもしれません。もしくは、若者特有の万能感がない珍しい高校生だったのかもしれません。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
95位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。