続・世界各国の男性の労働力率(労働参加率)

労働力率(労働参加率)は、15歳以上人口のうち、働いている人と、完全失業者の数(労働力人口)を、15歳以上人口で割ったものです。

仮に日本の労働力率が60%だとしたら、残りの40%の人は無業で、しかも職探しをしていないか、仕事があってもすぐには就けない状態にあることになります。そうした人たちは老後に入って年金生活をしていたり、通学をしていたり、家事をしていたりするかもしれません。ニートやひきこもりの人もいるでしょう。

今回は、この前の記事「世界各国の男性の労働力率(労働参加率)」に続いて、世界各国の25~54歳男性の労働力率(2006年現在)を年齢階級別に調べてみました。

ただ、困ったことに、労働力人口の定義には、軍人や聖職者などの扱い等で、国によって違いがあるそうです。ですから、厳密な比較が難しいです。

また、統計が十分に揃っていない国も多いです。特にアフリカ諸国の状況は、ほとんど分かりません。

以上の留保が必要ですが、少し乱暴ながら、今回は 25~54歳男性の労働力率を比較してみます。表には、各地域の代表的な国や特徴のある国を載せています。

表 15~54歳男性の労働力率(2006年)

年齢階級日本韓国タイ豪国WG独国露国BU
25-2993.978.993.689.287.086.391.183.3
30-3496.592.997.090.691.895.292.588.0
35-3996.794.796.990.392.696.392.587.8
40-4497.094.596.789.691.595.897.087.4
45-4996.993.189.287.794.389.084.1
50-5495.789.7--86.180.891.284.879.2

WG:ヨルダン川西岸とガザ地区 BU:ブルガリア

年齢階級米国メキシコARキューバエチオピア
25-2990.694.691.177.591.5
30-3492.996.196.684.997.2
35-3992.996.797.787.996.8
40-4491.296.796.391.395.5
45-4989.895.495.395.096.6
50-5486.192.592.697.195.8

AR:アルゼンチン

資料:ILO ウェブサイト
http://laborsta.ilo.org/
(最終アクセス2008年5月21日)より作成。

ILO ウェブサイトで公表されている統計をよく見てみると、25~54歳男性の労働力率が高い国は、タイ(表)、インドネシア、シンガポール、パキスタン、チェコ、マルタ、パナマ、エクアドル、ウルグアイ等です(順不同)。ざっと見たところ、アジアや南米に多いです。また、日本(表)も比較的高いです。

逆に、労働力率が低い国は、オーストラリア(表)、イスラエル、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア(表)、クロアチア、リトアニア、プエルトリコ等です(順不同)。ざっと見たところ、旧共産圏の国に目立ちます。

労働力率は、働かなくてもある程度生きていけそうな先進国は低くて、逆に途上国は高そうにも一見思えます。しかし、ILO の数字をざっと見る限りは、特にそうした傾向を見出すことはできません。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。