就労支援デイケアの内容

菊池美智子、榊原聡、江口万里子、林寿美子、服部有香、村手恵子、奥田幸子、永井優子「就労準備デイケアにおける問題解決技法を用いたプログラムの実践-精神障害者グループと社会的ひきこもりグループを対象として-」『愛知県立看護大学紀要』、2007年、Vol.13、15-23ページ。

↑ 大学紀要です。とある精神保健福祉センターで試行的に実施された、就労支援デイケアの内容がまとめられています。デイケアの対象は、精神障害者グループと、社会的ひきこもりグループです。

具体的にまとめられた就労支援の内容は、私のような当事者にも参考になります。問題の解決案を長所と短所に分けて整理する等のノウハウは、デイケアに参加していないひきこもりの人でも、活用できそうです。

* * * * * * * * * *

ところで、私が参加しているひきこもりデイケアでは、上のような就労支援は行われていません。どうやらこのデイケアでは、社会に居場所がなく、家でひきこもるしかない人に、安心して参加できる居場所を提供しようというのが、一つの趣旨のように感じます。実際、同席している心理士は、就労の話を積極的にすることは滅多にありません。こうした話は、ひきこもり者にプレッシャーを与えるからでしょう。このため、デイケアは、まだ就労という段階までは踏み出せないけれども、家から出ることはできる、という人でも安心して参加できる場になっています。

私が参加するデイケアで上のような就労支援を行うには、問題がありそうです。それは、家から出ることならできるという段階のひきこもり者が、就労のプレッシャーを感じ、安心してデイケアに参加しづらくなると考えられるからです。

それならば、ひきこもりの段階によって、デイケアを分ければよさそうにも思えます。家から出たばかりというひきこもり者には従来通りのデイケアを、ひきこもり状態が改善して就労を前向きに考えられるようになったひきこもり者には就労支援を、と分けるわけです。しかし、私が住んでいるような、ひきこもり者が集まりにくい小さな地方都市では、そのようなことはなかなかできそうになく、就労支援を行うとすれば、ここが課題となるでしょう(ただ、上記論文の精保センターが所在するような大都市であれば、話は別です)。

また、最近では、上記紀要で報告された就労支援事業が始まった頃には十分に整備されていなかった、地域若者サポートステーションという就労支援施設が全国各地に設置されています。精保センターが就労支援を行うのであれば、サポステとの役割分担も課題になってきそうです。

なお、上記報告は、インターネットで無料で読むことができます。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。