話すことがない-口下手

ひきこもりデイケアにずいぶん前に参加していたある男性は、自分は人と話すのが苦手なんだと語っていました。私は彼とは仲良しだったため、彼の話をいろいろと聞いたのですが、「(人と)話すことがない」と何度か話してくれたのが印象的でした。人と話すための話題がないので、雑談ができないということのようでした。

私も、彼と同じようなことで悩んだことがあったので(今なお悩むことも多いですが)、彼の言うことが少し分かるような気もしました。

それにしても、自分が口下手な原因を自分で知っているのなら、解決策も思いつくというものです。私は彼に、「話すことがなければ、日ごろから意識して話題を探し、会話の引き出しを増やせばいいのでは」とアドバイスしました(※彼は年下です)。

世の中には、会話が苦手な人がたくさんいるのか、そうした人を対象にした本が数多くあり、そうした本を読むと勉強になります。私が読んだ本の中では、『ドキドキしない・つっかえない 誰とでもラクに話せるようになる本』や『雑談上手になる本』等に、話題の探し方や、話題に詰まった時のための対処法等が載っていました。もちろん、単に本を読んだだけでは会話は上手にはなりません。

ただ、今になって思うのですが、彼は、話すための話題を持っていなかったわけでは必ずしもありませんでした。彼は読書家で知識は豊富でしたし、社会で話題になっている様々なことを少なくとも人並みには知っている様子でした。おそらく、知識や情報を持ってはいても、惜しいことにそれを話題として会話に結びつける術を彼は知らなかったのではないか、そして彼本人がそのことに気づいていなかったのではないかというのが今の私の考えです。私自身にも、こういう一面があります。これは実際に意識的に会話をして身につけるほかないのかもしれません。

もっとも、話題がなくて、人と会話ができないという人でも、聞き手に回るという道もあるかもしれません。人間、自分の話をちゃんと聞いてくれる人には好感を覚えるものだろうと思います。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。