世話好きなひきこもり

ひきこもりデイケアに参加して間もない頃の私は、世話好きでした。

私自身、これまで何度もいじめられたり、人と話せなくて苦労したりといったことを長く経験してきたので、同じような悩みを持っていそうな人を見ると、他人とは思えず、放っておけなかったのでした。

また、私はコミュニケーションに不自由をしていた頃、多くの人に親切にしてもらい、それでずいぶんと助けられました。そのため、ある程度自由にコミュニケーションができるようになった今、今度は逆に困っている人に関わりたいとも思っていました。

そういうわけで、デイケアのメンバーには色々と世話を焼く場面もありました。それだけならまだしも、デイケアに慣れない新任の心理士にまでお節介をしたこともあります。

ひきこもり経験者で、「困っている人を助けたい」という理由で福祉関係の仕事を志望する人がいれば、その気持ちは分かるような気がします。

* * * * * * * * * *

ところが、最近の私は、そうしたことを以前ほどしなくなりました。

それは、私などが世話を焼かなくても、相手には自分で問題を解決できる力があると信じることも時には大事なのではないかと考えたからです。

また、私のお節介は単なる自己満足ではないだろうかと反省したことも大きいです。

最後に、他人の心配もいいですが、もっと自分の心配をするべきだということに気づいたことも一つの理由です。他人の心配ばかりして自分のことがおろそかになっては、本末転倒です。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。