家の手伝い

■ 家の仕事(家事)への参加は、敷居が低い

企業や官公庁等の仕事に参加するには、求職活動を行った上、採用されなければなりません。それに比べると、家の仕事(家事)に参加するのは、とても敷居が低いです。履歴書の空白も関係ありません。家事に参加して、家庭に貢献できるのは嬉しいものです。

この3連休は、部屋の引越し作業とそのお手伝いをしていました。「あんたと部屋を交換したい」と言う母の願いを聞いてのことです。1階の母の部屋の巨大な家具を3階の屋根裏物置に移動するなど、力仕事が多く、母子家庭の我が家では、私の役割が大きかったです。

■ 無職なので、家庭では立場が弱い

私の部屋は、母の意向によって、ころころと変わってきました。この家に引っ越してきた当初、母から「私は2階のA室がいい。あんたの部屋は1階のB室よ」と一方的に言い渡され、私はB室で過ごすことになりました。しかしその数年後、母は「私、やっぱり1階のB室がいい」と私に告げ、部屋を交換させたのでした。しかし最近になって、再び母は「1階のB室は過ごしにくい」と私に話し、今回の2度目の部屋交換となったのでした。

私は母の願いを聞いて、母の荷物の移動や家具の後片付けを手伝ったのですが、母の私に対する態度はやや高圧的でした。さらには、私の手伝いぶりに様々な不平不満を漏らしていました。

これが、自分の母ではなく、例えばひきこもりデイケアの同僚なら、私は怒っているところです。

しかし、相手は自分の親である上、無職である私を養ってくれている人です。母の私に対する態度はもっともです。私は衣食住に加え、私のための部屋まで提供してくれる母にむしろ感謝すべきでしょう。

ニート、ひきこもりになって以来、家族の中での私の立場は弱くなってしまいましたが、当然のこととして受け入れなければなりません。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。