続・「形は心を支配する」

ひきこもりの人を表現するアスキーアートに、こういうものがあるそうです。

ヒッキー
※ 新しいウィンドウは開きません。

実際にひきこもりの人が、このアスキーアートのようなポーズで日常を過ごしているかどうかは定かではありません。

私について言うと、ひきこもりになるずっと前から、このアスキーアートのような、内にこもったような姿勢でいることが多かったです。こういう姿勢でいると、とても落ち着くのです。不安がちな性格、内向的な性格、自信のなさのあらわれでしょうか。

この頃、姿勢は気持ちや気分に影響を与えるのではないかと考えるようになり(根拠はないのですが)、日ごろから姿勢に気を遣うようになりました。可笑しな話かもしれませんが、内にこもるような姿勢はできるだけやめ、おおらかな姿勢や、少々堂々とした姿勢でいるように心がけるようにしています。

堂々とした姿勢でいるひきこもりというのも妙なものですが、こうした日常のちょっとした行動から自分の心のありようを変えようと考えています。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
108位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。