アメリカに多い高校中退者

高校卒業率は85%あたりという一般通念が長い間あった一方で、およそ10人中7人ほどの生徒しか実際には無事に高校を卒業していないという合意が高まってきた。

Whereas the conventional wisdom had long placed the graduation rate around 85 percent, a growing consensus has emerged that only about seven in 10 students are actually successfully finishing high school.[1]

これはアメリカの話ですが、この英文を最初に見たときは、自分の目を疑いました。アメリカの高校は4年制ですが、その4年で高校を卒業した生徒はおよそ70%しかいないというのです。日本では高校中退率は平成18年度で2.2%という数字があり[2]、3年で高校を卒業する生徒の割合は、アメリカの70%よりもずっと多いでしょう。

高校中退者は、卒業者に比べて、本人の生涯所得が少なくなるものと予想されます。さらに、そうした高校中退者が増加すると、将来の社会的コストも膨らむものと予想されます。このため、アメリカでは学校中退者、特に高校中退者の発生を予防(dropout prevention)するための様々な対策が講じられています。「国立学校中退者防止センター」(The National Dropout Prevention Center)なるものがあるほどです。アメリカでは高校中退問題はそれほど深刻なのでしょうか。

■ ニートになる高校中退者は?

将来の中退者を減らそうとするのは分かるのですが、それでは既に高校を中退したアメリカの若者はその後どうなってしまったのだろうかと私などは気になります。日本で言うニートになる者も少なくないのではないでしょうか。

以下は、高校中退者の追跡調査のうちの一つの結果です。

2004年に高1で中退した生徒の3人に1人は、4年後に何もしていない-学校にも行かなければ、働いてもいない。

[O]ne in three of the students who dropped out of 10th grade in 2004 were doing nothing four years later -- not going to school or working.[3]

ただし、これはカリフォルニアに限った話です。また、4年制のアメリカでは、高1での中退者、高2での中退者、高3での中退者、高4での中退者では、卒業後の進路にも違いがあるかもしれません。

高校中退後に本人がどういう道を選ぶのか。例えば学校に入り直すのか、GED(general educational development、日本で言えば高認か)を受けるのか、それとも就職するのか。こうした移行がスムーズに行われなければニート化するかもしれないとも思うのですが、このあたりのところは勉強不足で、まだはっきり分かりません。

今回の記事は、21日の Wall Street Journal(電子版)の "The High School Dropout's Economic Ripple Effect"(高校中退者の経済波及効果)を読んだのをきっかけに書きました。

※ いつも拍手ありがとうございます。ブログ拍手は、[文献]の下にあります。

[文献]

[1] Swanson, B.C. (2008). Cities in Crisis - A Special Analytic Report on High School Graduation. Retrieved October 22, 2008, from
http://www.americaspromise.org/uploadedFiles/AmericasPromiseAlliance/
Dropout_Crisis/SWANSONCitiesInCrisis040108.pdf
[2] 文部科学省 (2007). 平成18年度『児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査』について Retrieved October 22, 2008, from
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/19/11/07110710/001.htm
[3] Landsberg, M. (2008 Sep 12). Some California dropouts finish high school but don't succeed beyond, study finds. Los Angeles Times. Retrieved October 22, 2008, from
http://www.latimes.com/news/local/
la-me-dropout12-2008sep12,0,4878394.story

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。