周囲に無職と知られると恥ずかしいが…

あくまで自分について言うと、無職であることは恥ずかしいです。自分に対しても恥ずかしいですが、周囲に無職であると知られるのも恥ずかしいです。

周囲に自分が無職であると知られたくないがために、自分を知られることに神経質になり、時に人を避けてしまいます。以前葬儀に参列したときにも、この理由で人を避けてしまいました(「葬式で『働いていらっしゃるの?』等、根掘り葉掘り聞かれた」参照)。

いい齢した男性が、このようなことでビクビクして、情けないです。無職というだけでも情けないのに、なおさら情けないです。

もっと泰然としていたいところです。自分がニート、ひきこもりであることを知られても、深くは気にしないというほどの、心のゆとりを持ちたいところです。

もっとも、「そうだよ。俺は無職だよ。それがどうした?」とまで泰然としてしまうのもどうかと思われます。少なくとも、自分に対して恥ずかしいという思いは持った方がよいでしょう。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。