ひきこもりデイケアで自分の話ばかりしていた頃

私がひきこもりデイケアに参加して間もない頃、自分の話ばかりをしていたものです(今はそのようなことはしません)。

それには二つの理由があります。

一つは、単純に、自分の話を聞いて欲しかったからです。自分はひきこもる以前にこんなことで深く悩んでいたとか、社会には適応できなかったが一生懸命生きてきたんだとか、そうした、ひきこもっている間にたまりたまった思いを誰かに聞いて欲しいと思っていたのでしょう。いま思うと聞き手の気持ちも考えず、ずいぶんと身勝手なことをしたものです。

もう一つの理由は、自分の話ばかりする人は、あまりいい印象を持たれないということを、当時は知らなかったからです。私はそれまでの人生の中で、友達も作らず、人との付き合い方に関心を持たなかったので、この種のことには疎かったということでしょう。その後、ひきこもりデイケアに参加し、人との接し方を学ぼうと決意し、コミュニケーションについて勉強を重ねていく中で、ようやく自分の誤りに気づいたのでした。

※ ただ、ブログでは、自分の話を結構しています。このエントリーもそうです。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
108位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。