少し優しくしてもらっただけで…

ひきこもりデイケアでせっかく友人ができたのに、私の過ちがもとで、友人を失ってしまったことがあります。

私には少し人に優しくしてもらうと、少々オーバーなほど、相手に感謝してしまうという悪い癖がありました。私は自分でそのことを自覚し、気をつけていたつもりですが、私の言動で相手に不快感を与える結果になってしまいました。さらには自分の言語表現能力の稚拙さから相手に何度も誤解を与えてしまい、最終的に友人関係が破綻してしまったのでした。

どうして少し優しくしてもらっただけで、そんなに感謝してしまうのか。自分でもよく分からないのですが、これはおそらく子どもの頃より、人と情緒的な交流を持ったことが極端に少なく、一方、人からいじめを受けてみじめな思いをした経験が極端に多かったからだろうと思います。要するに、人から大事にされることに慣れていなかったのでしょう。

最近はそうしたことも自然になくなったと自分では思っています。デイケアやネットで様々な交流を持つうちに、バランス感覚がついてきたのかもしれません。

なお、少し異性に優しくしてもらっただけでその異性に恋愛感情を持ってしまうという話を耳にすることもありますが、ここでの話は、それとは少し違います。感謝の気持ちと恋愛感情とは、また別ですので。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
108位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。