相手の心中を見抜き、時にきつい言葉で指摘

相手の心の中を見抜き、その内容を時にきつい言葉で指摘したところ、それがきっかけで相手が立ち直ったという話をドラマで時々見かけることがあります。

現実でもそうしたことはあるのでしょうか。

少なくとも私に限って言うと、そうしたことはほとんどないのではないかと思います。これまで生きてきた中で、「あなたは~と考えている」と推測されたり決め付けられたりしたことは何度もあったのですが、ほとんど当たった試しがないのです。

ある時などは、精神分析に詳しい方に、私がどう考えているかを決め付けられてしまいました。しかしこれもまったくの的外れでした(精神分析は関係ないのかもしれませんが)。

人の心の中を言い当てることは難しいです。人の心中は観察できないからです。ですから、観察可能なその人の言動や、生育歴、人間の一般的な心理等を判断材料にして、「推測」することしかできません(そういえば、私の周囲には、血液型を判断材料の一つにする人が多いです)。

多くの人が私の心の中を正確に読めなかったのは、私のことを十分に知らず、限られた判断材料しか持っていなかったり、判断材料の選び方や重点の置き方に問題があったり、あるいは私について先入観を持っていたりしたからではないかと思います。

このように、「あなたは~と考えているんだろうけど…」と私の心中を推測し、説得して私を動かそうとしても、多くの場合その推測に誤りがあったため、効果がありませんでした。ドラマのようにはいきません。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。