ひきこもりデイケアで出会った母校の後輩

私は大学まで出ていますが、母校はマンモス校が多いです。そのためか、ひきこもりデイケアでは、ときどき同じ学校出身の人を見かけることがあります。

ずいぶん前には、同じ学校の後輩に当たる人とデイケアで出会い、仲良くしていました。

自分の後輩に当たる人物となると、他のデイケアのメンバーよりも、感情移入してしまいます。私のような年寄りと違って未来のある彼ら彼女らが、社会参加できずに悩んでいるのを見るのは、忍びないものがありました。

万に一つもないことかもしれませんが、もし私が将来社会参加に成功して、人を雇う立場になることができたら、こうした若い人たちに何らかのかたちで力になってやりたいなどと、身の程をわきまえず考えたことがあります(ただし、その一方で、私は「自分が人事担当者なら、ひきこもり者は雇わないだろう」という、矛盾した発言をデイケアでしたことがあります)。

後輩達はとうの昔に、様々な理由でこのデイケアに来なくなったのですが、今頃は無事に社会に出て働いているでしょうか。「もし私が将来社会参加に成功して、人を雇う立場になることができたら…」等々考えながら、後輩の方が先に社会参加してしまったら格好が悪いですが、後輩の幸せを祈りたいです。

それにしても、もう少し彼ら彼女らに、先輩らしいことをしてやりたかったという思いも残っています。人の心配以前に、自分がしっかりしないといけないのですが。

[関連記事]

◇ 自分より若いひきこもりの人と接して

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。