ひきこもりデイケアの女性メンバー

ひきこもりのデイケアとか、当事者グループとか、こういうところの男女比はどうなっているのだろうと思います。

ひきこもりは男性が女性よりもずっと多いそうですから、ひきこもりデイケア等も、やはり男性優位のところが多いのだろうかと自然に思います。

■ 男性ばかりのデイケアに女性が参加すると…

ひきこもりの女性が一念発起して部屋を出てデイケアに行ってみたら、そこにいたのは男性ばかりだったとしたら、そのひきこもり女性はいったいどう感じるのだろうと私などは考えてしまいます。デイケアの中には10人以下の少人数で行われているところもあると聞きますが、そうしたところの場合、紅一点になる可能性もあります。

「私、そんなの気にしません」という女性や、男性ともなんなくやっていける女性ならいいです。ですが、ひきこもりの人には、今のところはデイケアに出てくるだけでいっぱいいっぱいという人や、コミュニケーションに自信がない人もいるでしょう。

さらに、

女性ひきこもり者が頑張ってデイケアに参加してみた→デイケアには男性ばかりだった→自分には合わないと感じ、辞めた→また別の女性ひきこもり者がデイケアに参加してみた→デイケアには男性ばかりだった→辞めた→…

もしこのような連鎖が起れば、いつまで経っても女性はデイケアに定着しません。

■ では、どうするか

デイケアに参加している男性、特にデイケアにある程度慣れた男性参加者は、女性参加者が馴染めるように、心配りをしたいものです。女性参加者が珍しいからと言って、下心丸出しで接するような真似は控えたいものです。

同席している職員がいれば、その職員の中に女性を混ぜるなどの配慮をするのも一つの方法だと思います。

場合によっては、男性向けデイケアと女性向けデイケアを分けるというのも手だと思います。「いや、デイケアは男女別にしない方がいい。男女の交流があった方がいい。斉藤環先生の本にそう書いてあった」というのであれば、男性向けデイケアと女性向けデイケアでときどき交流行事を行うという方法もあります。

もし私が考えている通り、ひきこもりデイケアには男性ばかりだったなら、の話ですが。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。