ひきこもりは男に多い。では不登校は…?

ひきこもりは男性に多いと言われています。ひきこもりの男女比の調査は数多くあり、その調査によって男女比は異なるのですが、多くは男性が7割や8割といった割合です(境, 川原, NPO法人全国引きこもりKHJ親の会, 2008; 近藤, 宮沢, 境泉, 清田, 北端, 黒田, 黒澤, 宮田, 2008; 伊藤, 吉田, 小林, 野口, 堀内, 田村, 金井, 2003; 斉藤, 1998)。

では、不登校はどうなのでしょうか。

よく分かりませんが、なんとなく男子が多いような気がします。ひきこもりに男性が多いのだから、不登校だってそうだろうという単純な発想です。

実際のところ、どうなのか、調べてみました。

■ 方法

小学校、中学校については、文部科学省の「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」より、過去3年間の男女別不登校児童生徒数をまとめました。

高等学校の男女別不登校生徒については文科省の全数調査は見つからなかったのですが、鳥取県立高等学校の調査が見つかったので、それを引くことにしました。

■ 結果

◇ 小学校

「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」によると、以下の通りです。調査対象は、全国の国公私立小学校です(文部科学省初等中等教育児童生徒課, 2006, 2007 , 2008)。

平成19年度 男子12,163人 女子11,763人
平成18年度 男子11,874人 女子11,950人
平成17年度 男子11,338人 女子11,371人

男女比はほぼ同じです。

◇ 中学校

「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」によると、以下の通りです。調査対象は、全国の国公私立中学校です(文部科学省初等中等教育児童生徒課, 2006, 2007 , 2008)。

平成19年度 男子51,170人 女子54,158人
平成18年度 男子50,576人 女子52,364人
平成17年度 男子49,516人 女子50,062人

こちらも男女比はほぼ同じです。

◇ 高等学校

鳥取県教育委員会高等学校課の調べによると、鳥取県立高等学校の不登校の状況は以下の通りです(鳥取県教育委員会高等学校課, 2008)。

平成19年度 男子89人 女子135人
平成18年度 男子109人 女子150人
平成17年度 男子121人 女子145人

女子の方がやや多いです。 * * * * * * * * * *

■ 考察

当初の予想とは異なり、小学校、中学校では、不登校の児童生徒は男女ほぼ同数であることが分かりました。

高校では、むしろ女子の方がやや多いという結果です。ただし、これはあくまで鳥取県立高等学校を調査したものであり、全国調査ではないことに留意が必要です。

ひきこもりは男性に圧倒的に多いのに、不登校はそうでないのだとしたら、これはなぜなのでしょうか。

よく分からないのですが、女の人は小学~高校時代に不登校になることはあっても、それをこじらせたり、社会に出てから離職したりしてひきこもることはないということなのかな、と思います。では、それはなぜ?と聞かれると分からないのですが…。

ひきこもりに男性が多い原因については、いまだ解明されていないのではないかと思います。不登校の男女比は変わらないという事実は、この原因の解明に何かヒントを与えるかもしれません。

今後、全国の高校の不登校生徒の男女比や、さらには高等教育機関(専門学校、短大、4年制大学)の不登校学生の男女比を調べることができたらと思うのですが、私の力ではたぶん無理だろうと思います。それから、学校中退者や若者の離職者の男女比を調べることができたら、何か手がかりが得られるかもしれないと思います。

[文献]

※ ウェブサイトは、いずれも最終アクセス日は2009年4月22日です。

◇ 伊藤順一郎, 吉田光爾, 小林清香, 野口博文, 堀内健太郎, 田村理奈, 金井麻子(2003)「『社会的ひきこもり』に関する相談・援助状況実態調査報告(ガイドライン公開版)」
http://www.mhlw.go.jp/topics/2003/07/tp0728-1f.html.
◇ 近藤直司, 宮沢久江, 境泉洋, 清田吉和, 北端裕司, 黒田安計, 黒澤美枝, 宮田量治. (2008)「思春期ひきこもりにおける精神医学的障害の実態把握に関する研究」 『思春期のひきこもりをもたらす精神科疾患の実態把握と精神医学的治療・援助システムの構築に関する研究』 (pp. 49-63)厚生労働省科学研究費補助金こころの健康科学研究事業平成19年度総括・分担研究報告書.
◇ 斉藤環(1998)『社会的ひきこもり-終わらない思春期-』PHP研究所.
◇ 境泉洋, 川原一紗, NPO法人全国引きこもりKHJ親の会(家族連合会)(2008)「『引きこもり』の実態に関する調査報告書5-NPO法人全国引きこもりKHJ親の会における実態-」
http://www.khj-h.com/pdf/tyousa2007.pdf.
◇ 鳥取県教育委員会高等学校課(2008)「平成19年度鳥取県立高等学校不登校生徒の状況について」
http://www.pref.tottori.lg.jp/secure/295839/www_pref_tottori_jp_kyouiku_koukou_seitojyoukyou_h19futoukou.pdf.
◇ 文部科学省初等中等教育児童生徒課(2006)「平成17年度児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/18/12/06122107/001.pdf.
◇ 文部科学省初等中等教育児童生徒課(2007)「平成18年度児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/20/01/08011111/001.pdf.
◇ 文部科学省初等中等教育児童生徒課(2008)「「平成19年度児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」」
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/20/08/08073006/001.pdf.



スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。