続・ひきこもりとインターネット

ひきこもりの人はインターネットを長時間している、特に2ちゃんねるに入り浸っているというステレオタイプのようなものがあると感じます。しかし、そうしたひきこもり像は実態に合ったものなのだろうかと常々疑問に思っています。

というのも、以前にも少し書いたことがありますが、私がこれまで接してきたひきこもりの人に、そうした人をあまり見たことがないからです。もちろん、長時間ネット漬けの人も、全くいないことはありません(私がそうです)。しかし、少なくとも私の知る限りでは、ネットをあまり、ないし全くしていない人が多いです。ひきこもり等支援機関の活動の中でも、どちらかと言えば社交的な人ほど、ネットを積極的に活用しているのかな、と感じています。

最近の斉藤環氏による調査結果は、私の実感に近いものでした。2001年1月から2007年11月までの間に、爽風会佐々木病院の外来を受診した患者のうち、統合失調症やうつ病などの基礎疾患を持たず、一年間以上のひきこもり状態にある事例67例について様々な調査を行ったところ、「インターネットの利用」については、「過度な没頭がみられる」は4.1%、「ひんぱんに利用する」が18.4%であったのに対し、「ときおり利用する」が51.0%、「利用しない」が26.5%という割合でした(斉藤ら, 2009)。

ただ、詳細は知らないのですが、ひきこもり中高校生の半数以上がネットゲームに依存しているという調査結果が2003年頃「教育研究所」から出たそうで(和田, 2003)、こちらも気になります。

* * * * * * * * * *

息子・娘がひきこもったら、パソコンを破壊せよという声をときどき耳にすることがあります。ひきこもり者の多くはネット漬けだし、ネットができなくなったら嫌でも外に出なくてはならなくなるから、とのことだそうです。しかし、斉藤氏の調査結果から考えると、どこまで有効だろうかと考えてしまいます。また、ひきこもりと言っても、あまり対人交流を必要としない場所であれば外出する者も多いという調査結果もあります(境ら, 2007)。ただ、ネットゲームに依存しているとか、そうした人が本当に多ければ、問題解決の方法の一つとして考えられるかもしれません。

一方で、未就学児ですらネットをする子が少なくないこの時代に(「小学生のインターネット利用に関する調査」, 2006)、本当にパソコンが破壊されネットができなくなると大丈夫だろうか、格差が広がってしまうのではないか(昔で言うデジタルデバイド)などという心配も私は感じます。ひきこもり支援に関する情報も、ネットが利用できるのとできないのとでは、得られる情報量は大きく違ってきます。このため、ネットができる環境にありながらネットをしていないというひきこもりの人と話していると、もったいないと感じます。

[関連サイト(外部サイト)]

「インターネットは引きこもりなど精神的に悪影響……」との調査に逆説(マイコミジャーナル)
(新しいウィンドウで開く)

↑ 5年前の記事ですが、最近の研究動向はどうなのでしょうか?

[文献] ◇ 境泉洋, 中垣内正和, & NPO法人全国引きこもりKHJ親の会. (2007). 「引きこもり」の実態に関する調査報告書4-NPO法人全国引きこもりKHJ親の会における実態-. Retrieved 2003年8月12日 from
http://www3.pref.okinawa.jp/site/contents/attach/12185/hikikomori.pdf

◇ 斉藤環, 佐々木一, 宮本克巳, 半田聡, & 松木悟志. (2009)「後期思春期・早期成人期のひきこもりに対する精神医学的治療・援助に関する研究」『思春期のひきこもりをもたらす精神科疾患の実態把握と精神医学的治療・援助システムの構築に関する研究』(pp. 161-175). 厚生労働省科学研究費補助金こころの健康科学研究事業平成20年度総括・分担研究報告書.

◇ 和田明美(2003年6月23日)「ネットゲームに半数以上が依存 引きこもり中高生ら 民間研究所調査」『毎日新聞』 Retrieved 2003年8月12日 from http://www.mainichi.co.jp/digital/coverstory/archive/200306/23/1.html

◇ 「第4回小学生のインターネット利用に関する調査」 (2006年8月2日)goo リサーチ Retrieved 2009年6月26日 from http://research.goo.ne.jp/database/data/000322/

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
95位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。