就労支援を受けさせてもらえないニート、ひきこもり

ニートやひきこもりの人の中には、就労支援施設でサポートを受けたくても、受けさせてもらえない人もいるようです。私の地元の、ある就労支援施設の話です。

実際、当の施設職員が「お断りすることがある」と私に話しています。また、サポートを受けさせてもらえなかったと不満に漏らした人を知っています。

どうしてこのようなことが起きているのでしょうか。職員の方のお話によると、ニート、ひきこもりの人の中には「就労以前の問題」を抱えている人がいて、そうした人の場合、就労支援を行っても挫折してしまいやすく、このためお断りしているとのことでした。はっきり分からないのですが、職員の方のお話を総合すると、そうした人の場合、その「それ以前の問題」を解決するための別の専門機関(精神保健福祉センターなど)を紹介している、どうもそういうことのようでした。

ここで私などは、以前、「働く自信がないだけか、それとも本当に働く能力がないのか」という記事の中で引用した、原田豊氏らによる、全国のハローワーク等の就労相談・支援機関を対象としたアンケート調査を思い出しました。この調査によると、回答を得た499機関(回答率 62,5%)のうち、303機関(60.7%)が、ひきこもりの就労相談を受けて困ることがあると回答しているのですが、その困ることとの具体例として最も多かったのが、「本人に充分な就労能力がなく相談が進まない」(226機関)でした。

そうした場合は相談を打ち切って、どうも他の適切な機関を紹介しているらしい、それが私の地元の某施設のようでした。

[文献]

◇ 原田豊, 川口栄, 大塚月子. (2009)「ひきこもり青年の就労支援に関する研究」『思春期のひきこもりをもたらす精神科疾患の実態把握と精神医学的治療・援助システムの構築に関する研究』(pp. 137-159). 厚生労働省科学研究費補助金こころの健康科学研究事業平成20年度総括・分担研究報告書.

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。