最近10年の餓死者数の推移(日本)

私は現代日本の餓死者数に、少し関心を持っています。

一つは、いま話題になっている貧困問題との関係です。

もう一つは、何といっても、ひきこもりとの関係です。最近、ひきこもり者とその親の高齢化が問題になっています。親元で扶養されているひきこもりの人の場合、親が亡くなれば経済的に大変です(扶養と言えば、扶養控除が廃止されるという話がありますね)。

一つの行き着く先として、極端ではありますが、餓死が考えられます。実際、ひきこもり者の餓死の事例を何例か聞いたことがあります(田口ランディさんの兄など)。

ひきこもりの人は全国で少なくとも32万~40万世帯いるとか、160万人いるとか、様々な数字が飛び交っていますが、いずれにせよ、相当数のひきこもり者がいるようです。これだけの数だと、たとえわずかな割合でも、ひきこもり者の中に餓死する者が出れば、全体として餓死者数は大変な数に上りそうです。

そこで、最近10年の餓死者数の推移を調べてみたのですが、以下の通りでした。

平成20年 男48人 女15人 計63人
平成19年 男39人 女5人 計44人
平成18年 男47人 女9人 計56人
平成17年 男65人 女12人 計77人
平成16年 男55人 女13人 計68人

平成15年 男73人 女20人 計93人
平成14年 男56人 女11人 計67人
平成13年 男53人 女10人 計63人
平成12年 男66人 女21人 計87人
平成11年 男74人 女11人 計85人

(厚生労働省「人口動態調査」より。死因に「食糧の不足(X53)」が選択されたもの)

ここ数年の間に、ひきこもり者やその親の高齢化、日本の貧困問題などが話題になっていますが、餓死者数については今のところ、少なくとも増加傾向にはないと言ってもいいのではないかと思います。

もっとも、飢餓の末、餓死とは別の死因で亡くなった人もいることでしょう。また、生活保護世帯は増加の一途をたどっています。ですが、餓死者数について言えば上のとおりです。

それにしても、餓死者数は明らかに男性が多いことが気になります。

餓死、自殺、ホームレス、ひきこもり…脈絡なく並べてみましたが、いずれもどういうわけか男性が大幅に多いです。

スポンサーリンク

トラックバック

どらっくすのちゃんぷる~日記。 - 2011年04月20日 01:19

わかっているつもりでついつい見逃してしまうのが、愛。『マザー・テレサ 愛と祈りのことば』

マザー・テレサ 愛と祈りのことば (PHP文庫) 本物だな。 読み終わったあとの素直な感想です。 宗教に仕える人が全てマザーのような人間であれば、世の中はもっと平和でしょう。 マザーテレサという人はキリスト教の信者です。 キリスト教ですらどこか胡散臭いイメージを…

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。