万能感 VS 無能感

近藤直司氏(山梨県立精神保健福祉センター所長)の2年ほど前の講演によると、ひきこもりの人には様々な人がいるそうです。

中には、「自分には本当はすごく力があるのだ」といった、強い万能感を持った人もいるそうです。「自分はやろうと思えば、いつだって何だってやれるんだ」といったところです。

そういえば、これとは少し違うかもしれませんが、『俺はまだ本気出してないだけ』という漫画があると聞きます。私は読んでいないので、詳しい言及は避けますが。

* * * * * * * * * *

私はひきこもり支援施設等で数多くのひきこもりの人に出会ってきましたが、そのような強い万能感を持ったひきこもりの人は、見たことがありません(もっとも、本当は会ったことがあるけれども、気づいていないだけかもしれません)。

むしろ、それとは正反対のタイプの人なら、見かけることがあります。ひきこもる以前、社会や学校で一生懸命頑張ってきたのだけれども、仕事や勉強がろくにこなせなくて、強い無能感にさいなまれた人です。自分に自信を持てないこうした人を見ていると、胸が痛みます。

このような心理の人は、よく分からないのですが、自分が行ってきた努力の「方向」に間違いはなかったか、自分の失敗ばかりに目が移っていないか、たった一つの失敗で自分の全てを否定するようなことはしてはいないか、自分では努力していたつもりでも世間一般の視点で見れば努力不足だったのではないか(厳しい言い方かもしれませんが)、こうしたところをまず見直すのが良いのではないかと思います(私も偉そうなこと言う立場にはありませんが)。場合によっては、発達障害の可能性も疑う必要もあるかもしれません。かといって、安易に障害と決め付けてはいけませんが。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。