こんな支援施設もあります

ひきこもりやニートとは直接関係はないけれども、こういう支援施設もあるというお話です。今回は、「総合労働相談コーナー」と「障害者職業センター」をご紹介します。

■ 総合労働相談コーナー

総合労働相談センターのご案内新しいウィンドウで開く
↑ 厚生労働省ホームページへのリンクです。

ひきこもりやニートの人も、将来もしかしたら働く場面が出てくるかもしれません。そうしたときのために、こうした支援施設があることを頭の片隅にでも入れておくと、何かのときに役立つかもしれません。

総合労働相談コーナーは、あまり知られていないかもしれませんが、労働問題に関するワンストップサービスです。平成13年10月1日より施行された「個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律」にもとづき、都道府県労働局や労働基準監督署内に設置されているようです。

なお、このセンターは、衆議院青少年問題に関する特別委員会での、玄田有史東大教授の発言(平成21年4月24日)で私は知りました。

■ 障害者職業センター

障害者職業センターの概要新しいウィンドウで開く
↑ 厚生労働省ホームページへのリンクです。これはPDFファイルです(135KB)。PDFを閲覧するにはAcrobat Readerが必要です。Acrobat Readerはこちら(新しいウィンドウで開く)からダウンロードできます。

ひきこもりやニートの人には、発達障害を持った人も少なくないようだという報告が、若者の自立支援に携わる方の間からあります。障害がある場合、私もよく分かりませんが、センターの利用も選択肢に入ってくるかもしれません。

なお、私はこのセンターの存在を、とある若者自立支援施設の職員より個人的に知らされました。手帳のあるなしに関わらず利用できるとのこと。どうやらその職員は、私に発達障害の可能性がなきにしもあらずと判断されたようですが、私は違うと思っています(ただ、診断は受けたことはありません。センター行くより診断受ける方が先のような気もするのですが、このあたり、私にはよく分かりません)。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
108位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。