うちの高校からニートは出さない

部屋を整理していたところ、母校(高校)の同窓会報を見つけました。その同窓会報の中で、校長や同窓会会長がニート問題について触れていました。この高校からニートは出さないという、学校関係者の一種の決意表明でした。

高校の教育がニートの発生にどれほど影響を与えるかは私には分かりません。ニートについては、学校教育にとどまらず、雇用情勢や精神疾患、発達障害ほか様々な問題が複雑にからみあっているのではないかとも思います。ですが、高校を運営する立場にある方としては、このような問題意識を持つのはもっともなことでしょう。

* * * * * * * * * *

私は高校の頃、自分で言うのもなんですが、先生方からは評価が高く、「模範的生徒」「うちのクラスのエース」「何の問題もない」などと言われ、その名が先生方の間で(ちょっとだけですが)轟いていました。当時の私は(この学校の生徒としては)勉強熱心で成績優秀、校則は誰よりもしっかり守り、先生方の指導によく従う、真面目そのものの生徒と見なされていたのです。しかし、その果てが今の状況です。高校の恩師は、私が後にニートになるとは思ってもいなかったことでしょう。

もっとも私自身は、当時から、先生方の私を見る目は節穴ではないかと失礼なことを考えていました。私は不安や緊張が尋常ではないほど強くて、人とまともなコミュニケーションをとることができず、重大な問題を抱えていると考えていました。このままだと自分は将来社会に出てもやっていけないのではないか、いやそれ以前に、社会に出ることすらできないのではないかという危機感を持っていたものです。(そして、その通りになったわけです)

ニート化するリスクの高い高校生は、いったいどういう生徒なのでしょうか。そして、学校はどういった対策をとることができるのでしょうか。

いずれにせよ、今の私は、母校の恩師には顔向けできない状態です。同窓会報を見るのも、心苦しさを感じました。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。