Uターン系ひきこもり

ひきこもりの人とお話しすると、県外で一人暮らしをしながら大学に通っていたけれども、色々あって、今は親元で暮らしているという方とお会いすることがあります。あるいは、そうした話を本などで読むことがあります。

県外の大学で何かあったのでしょうか。県外で不登校、ひきこもりになり、大学中退を経て、そのまま現在まで続いているとか。それとも、大学卒業後進路が決まらず、親元に帰ってひきこもりになったとか。あるいは、Uターン就職をして、その後ひきこもったとか。

ですが、私は詳しく話を聞くことがあまりないので、十分には分かりません。ただ、中には自分から詳しい経緯を話してくれる人もいます。私がお話を聞いた人に限って言うと、大学不登校からひきこもりに発展し、親元に戻ったケースが目立ちます。

■ 別居と自立

本などを読んでいると、ひきこもりやニート(定義上、ひきこもりを含む)の息子や娘を自立させる方法の一つとして、親との別居を挙げる意見をみかけることがあります。しかし、別居に否定的な意見や、条件付きでなら別居を認める意見もあります。どれが正しいのかは私にはなかなか難しいです。

別居により、ひきこもり、ニートの人を自立させようという方法に様々な意見がある中、一人暮らし先での大学不登校、ひきこもりを経て、親元に戻ってきたひきこもりの人の例については、私などは色々なことを考えさせられます。

それにしても、親がわが子を自分の家で受け入れるまでの間には、親にも、その子にも、様々な思い、悩み、葛藤、意見の対立、ギリギリの判断等々があっただろうと思います。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。