デンマーク、ドイツの生産学校

ドイツやデンマークにはデュアルシステムという職業訓練制度があります。日本でも、ドイツの制度を参考にした「日本版デュアルシステム」があり、ご存知の方も多いだろうと思います。

ところが、このデュアルシステムに乗ることができない若者が、デンマークやドイツには存在します。学校から職業への移行に困難を持つこうした若者を、ドイツでは特に「不利益青年」と呼ぶそうですが、日本で言う「ニート」ともどこか重なります。

このような若者の受け皿として、デンマーク、ドイツには生産学校というものがあります。この生産学校、日本のニート対策を考える上で示唆するところもありそうですが、あまり知られていないのではないかと思います。そこで、参考になりそうな論考で、特にインターネットで無料で読めそうなものにリンクを貼っておきます。

いずれも、国立情報学研究所のサービスCiNIIへのリンクです。ページ中段「本文を読む/探す」の「CiNii PDF」ボタンや、「機関リポジトリ本文(無料)」⇒ページ下段「View/Open」をクリックすることで、本文を読むことができます。なお、PDFを閲覧するにはAcrobat Readerが必要です。Acrobat Readerはこちら(新しいウィンドウで開く)からダウンロードできます。

◇ 大串隆吉(2007)「ドイツ・デンマークの生産学校と青年職業自立援助-デュアルシステムのはざまで」『日本教育学会大會研究発表要項』66, 328-329.
新しいウィンドウで開く

↑学会発表の要旨です。それだけにコンパクトにまとめられてあり、デンマークやドイツの生産学校について知る最初の一歩としては入りやすいです。

◇ 大串隆吉(2007)「ドイツ、デンマーク生産学校のデッサン-学校中退者・失業青年に職業訓練を」『人文学報』42, 1-25.
新しいウィンドウで開く

↑上記学会発表要旨で生産学校に関心を持った方へ。より詳しくまとめられています。首都大学東京の紀要論文。

◇ 豊泉周治(2007)「社会的包摂、フレックシキュリティ、デンマーク生産学校」『群馬大学教育学部紀要人文・社会科学編』57, 61-74.
新しいウィンドウで開く

↑日本のニートと絡めて、まとめられています。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。