ひきこもり、ニートの人は様々と実感

これまで、ひきこもり、ニート等の人を対象としたいくつかの支援施設に通ってきました。そしてそこで、社会参加に困難を抱える多くの若者たちに出会ってきました。

少なくとも私が出会ってきたニート、特にひきこもりの人について言うと、実に様々な人がいました。新しい人に出会う度に、「こんなひきこもりの人もいるんだ」などと感じてきました。それだけ、実に多様なひきこもり、ニートの人と、出会ってきたのです。

こうした若者たちにも、ある程度共通した特徴がないことはありません。例えば、圧倒的に男性が多いですし、大人しいタイプの人が少し多いようにも感じます。不登校経験者はそれほど珍しくありませんし、精神科や心療内科に通っている人もやや目立ちます。ですが、そうした人ばかりかというと、そうでもありません。

こういう次第なので、例えば、「典型的なひきこもりの人って、どういう人ですか?富条さんがこれまで出会ってきた人の印象をもとに教えてください」などと尋ねられると、少し返答に窮します。強いて言えば、大人しい男性で、不登校を経験し、何らかの心の健康の問題を抱えている人、そうしたところでしょうか。

私自身、施設に通う前は、「自分もひきこもりだし、おそらくひきこもりの人は、自分に似た人が多いのだろう」などと漠然と考えていたのですが、実際に通ってみると、大きな間違いであることに気づきました。これまで数多くのひきこもり、ニートの人と出会ってきましたが、自分と似た人にはいまだにお会いしたことがありません。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。