「仕事をする自信がない」→何ができないか具体的に挙げてみる

とあるキャリアカウンセラーから、仕事をする上で大切な3つの能力を個人的に教わったことがあります。次の3つです。

○ 作業能力

○ 体力、精神力

○ コミュニケーション能力

この3つがなければ仕事がうまくいかないそうです。場合によっては、仕事が続かなくなるとおっしゃいます。

その上で、「富条さんは、どの能力が自分に足りないと思われますか?」と聞かれました。私は以前、仕事をする能力に自信が持てないと、この方にお話したことがあるので、このような質問をされたのでしょう。私に限らず、ニート状態にある人の中には、仕事をする自信が持てない人が少なくないとも聞きます。

■ 「仕事をする自信が持てない」→何ができないか具体的に挙げてみる

これとは別に、キャリアカウンセラーとの個人面接では、仕事をする上でどういったことがうまくできないのか、具体的に検討する作業をしたことがあります。例えば対人関係なら、挨拶はできるかどうか、敬語を適切に使うことはどうか、分からない点を質問することはどうか、場の空気を読むことについてはどうか、等々の設問があるチェックシートを用意し、うまくできないものにはチェックをつけるのです。チェックシートにない事柄については、具体的に書き出します。

こうすることが、「自己理解の助けになる」とのことです。ただし、こうした作業は、実際に仕事をしたり、支援施設で職業体験を積んだりした経験があることが前提です。

漠然と思っていること、感じていることを紙に書き出して具体化するという方法は、キャリアカウンセリングに限らず、紹介されることがあります。今回は書き出すというよりは主にチェックシートを使う方法でしたが、通じるものを感じました。自分が具体的に何ができないのか分かると、対策も立てやすくなるでしょう。また、仕事をする自信がないと自分では漠然と思いつつも、具体的に考えてみると、案外できることが多いと発見することだってあるかもしれません。さらに、漠然とした不安などは、紙に書き出すとやわらぐとも聞きます。

もっとも、私の場合、この作業により「あれもできない」「これもできない」と、できないことが次から次へと出てきて、かえって暗い気持ちになってしまいましたが。こうした暗い気持ちになればなるほど、できないことが面白いように浮かんでくるから不思議なものです。

■ どの能力も足りない!

ところで、冒頭の3つの能力について、「富条さんは、どの能力が自分に足りないと思われますか?」との質問ですが、私は「全てです」と答え、苦笑されてしまいました。3つではなく、もっと細かく具体的に分けると、足りない能力、そうでもない能力が分かれただろうと私は思うのですが。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
108位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。