基金訓練(職業訓練)を受けるメリット、デメリット

最近は、雇用保険を受給できない人を対象とした「基金訓練」や、非正規労働者やニート等の人を意識した「橋渡し訓練」など、私たちのようなひきこもり、ニートの人も受けられる職業訓練が整えられてきています。実際、私の近辺にも、基金訓練を受講しているひきこもり、ニート経験者が何人かいます。

とある若者支援施設スタッフによると、私のような者が基金訓練を受けることには、次のようなメリットがあるそうです。

○ 履歴書に書ける

職業訓練を受講した事実は、履歴書に書くことができるそうです。

○ 「すぐに仕事を辞める」と思われにくくなる

ひきこもり、ニート経験者が働こうとしても、採用側としては「雇っても、すぐに辞めてしまうのではないか」と不安を感じ、不採用にしようとするかもしれません。ですが、半年ないし3ヶ月間の職業訓練を修了した事実が履歴書に書かれてあると、その不安も少しは和らぐかもしれない、とのことです。

○ 月10~12万円が支給されるかも

一定の条件を満たせば(一言で言えば、経済的に余裕がないという条件)、訓練期間中、生活保障として10万円(被扶養者がいる場合12万円)が支給されます。

○ 基本的なスキルが身につく

これは、いまさら説明するまでもありません。


以下はスタッフのお話ではなく私見なのですが、職業訓練の受講が決定すると、半年ないし3ヶ月間、訓練校に通い続けることになります。これは長いと感じる人もいるかもしれません(特に半年のコース)。また、訓練の内容も、必ずしも受講希望者が望むものがあるとは限りません。たとえ希望のものがあったとしても、訓練校の場所が遠く、通いにくいといった場合もあり得ます。それならば、むしろ社会参加への第一歩としてアルバイトを始めた方がよさそうだとか、専門学校や大学に入り直そうなどと、別の選択肢を考える人もいるかもしれません。このあたり、メリットとデメリットを考慮し、判断をしたいところです。

* * * * * * * * * *

蛇足ですが、厚生労働省の定義では、15~34歳の職業訓練受講者は、ニートになるのでしょうか、通学者になるのでしょうか。おそらく、労働力調査の基礎調査票5の設問に、本人が「その他」と答えればニート、「通学」と回答すれば通学者になるのではないかと思うのですが、どちらの回答が適切か、難しいところです。

※ 厚労省のニート(正確には若年無業者)定義:年齢を15~34歳に限定し、非労働力人口のうち、家事も通学もしていない者。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。