支援施設の仕事の手伝いを頼まれる

私はひきこもり、ニート等の人を対象とした様々な支援施設に通ってきましたが、その中で、施設のごく簡単な仕事の手伝いを頼まれたことが何度もあります。私に限らず、他の通所者もお願いされていました。

これは見方によっては、本来施設の職員がするべき仕事を、客であるはずの通所者に一部任せて楽をしているとも言えます。しかも、手伝った通所者には報酬か何かが出るわけでもないので、「ここはひきこもり、ニートの自立支援を名目に、俺たちをタダ働きさせる気か」と受け止める人も中にはいるかもしれません。

ですが、別の見方をすれば、これは将来社会に出て働くためのよい準備運動とも思えます。私の場合、自分の手伝いがささいな形でも役立ち、職員に「助かった。ありがとう」と言ってもらえたり、その施設にとって役立つような結果になれば、自信にもつながりますし、自尊感情も高まります。職員もおそらくそのあたりのところを考えて、敢えて手伝いを私たちに頼んだのかもしれません。仕事の量や質も「お手伝い」としては常識的な範囲であり、断るのも私たちの自由です。何も負担の大きい仕事を長時間無報酬で私たちに強制的にさせているわけではありません。

私は、自分でもなんとかできそうな仕事の手伝いを施設で頼まれた場合、喜んで引き受ける場合が多いです。日ごろ、自分は何の役にも立たない人間という鬱屈した思いをためこんでいるからかもしれませんが、単にお人よしだからなのかもしれないとも思います。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。