様々な経歴の人に、一律に職業体験

ニートやひきこもりの人等を対象とした支援施設には、様々なバックグラウンドを持った人が通所しています。こうした人たちに、一律に同じ職業体験を提供しているのは、よくよく考えると不思議なような気もします。

少なくとも私の知る限り、施設に通う人の経歴は様々です。不登校を経験するなどしたため高校を卒業していない人もいれば、実業高校や専門学校を出て、それぞれの得意分野で手に職をつけた人もいます。大学に進学した人もいますし、中には大学院修士課程や博士課程にまで進み、かなり専門的な研究をした人もいます。大学での専攻も人それぞれです。さらには、社会に出て働いた経験のある人もいますが、どういった業種で働いたかも人によって違います。

施設はこうした多様な人を集めて、同じ職業体験を提供しているわけです。これでよくやっていけるなという気がしないまでもありません。

私が実際に見てきた職業体験について言うと、職業体験のメニューは選ぶことができます。人それぞれ専門や得意分野があるので、そこも考慮して、選択制になっているのかもしれません。また、施設の職業体験は、だいたい誰でもできるような基礎的な体験が多いです。そもそも職業体験の対象者の多くはしばらく社会に出ていなかった人だったため軽めのメニューを組んでいるのでしょうが、もしかすると様々な背景の人ができるだけ多く参加できるようなプログラムを組もうと配慮した結果、こうなったのかもしれません。

ニート等の人を対象に職業体験を行う施設といえば、全国100箇所を超える地域若者サポートステーションなどが思い浮かびますが、こうした施設にも様々な背景の人が集まるはずです。どういった職業体験を行っているのか、気になります。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。