期待しない生き方

私は傍から見ると些細なことで幸せになる、ある意味おめでたいところがあります。

たとえば、ひきこもりやニートの人等を対象とした支援施設で、少し人間関係を構築したぐらいで喜んでしまいます。あるいは、少し職業体験がうまくいった程度で、達成感を得てしまいます。

これはきっと、自分の人生にあまり期待をしてこなかったからではないかと思います。子供の頃より、自分は一生まともに人と口をきくことすらできないだろうとか、口がきけないのだからちゃんとした対人関係の構築も生涯にわたってできないだろうとか、働くことなんて夢のまた夢だとか、そうしたことを長年考えてきたのでした。実際のところ、こうした一般の子供/人にとっては当たり前のことが、私にはできなかったのです。これなら、上記のような些細なことで喜ぶのも当然のように思えます。

また、私はひきこもり状態にあるにもかかわらず、平均的なひきこもりの人に比べるとあまり深くは落ち込んではいないのではないかとも感じています。子供の頃より悲観的な将来ばかり考えてきたので、むしろこうなるのが自然という感覚です。ひきこもり、ニート等の支援施設によっては、重たい雰囲気を持った当事者もよく見かけるのですが、私はそこまでではないので、自分の言動が場の雰囲気を乱していないか気になることもあります。

期待しないというのは、何をやっても駄目だった子供の頃に身についてしまった考え方です。期待すると裏切られたときが怖い、でも期待に外れてうまくいくと嬉しい、マイナス思考はいいじゃないかと、こういうことです。暗い子供です。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。