GW、どう過ごしたか

「仕事の圧迫は心にとってきわめてありがたいものだ。その重荷から解放されると、心は一段と自由に遊び、生活を楽しむ。仕事をせずにのんびりしている人間ほどみじめなものはない。そんな人はどんなに美しい天分もいとわしく感じる」

高橋健二編訳『ゲーテ格言集』新潮文庫、昭和27年、83ページ。


私のような身分の者にとって、ゴールデンウィークは直接関係ありません。年中休みのようなものです。「心は一段と自由に遊び、生活を楽しむ」ようなことも、連休中特にありません(連休中じゃなくてもありません)。

ただ、私の身の回りの人にとっては、そうではありません。そして、そしてそのことは、私の生活にも影響を及ぼします。たとえば、日ごろ仕事に出ている家族が休暇をとったり、帰郷したりして、家に留まっています。このため、私は家族と一緒に家にいる時間が増えます。もっとも、家族と一緒に家にいると言っても、こういう時になると、ますます私は自分の部屋にこもりがちです。

それから、ゴールデンウィーク中は、私にとって外に出やすくはあります。私はひきこもりと言っても、たまに外出することがある軽度のひきこもりですが、平日の昼間に外出すると無職と思われるかもしれないので(その通りなのですが)避ける傾向があります。連休中だと、おおっぴらに外に出られます。

ただ、今年の私は外出せずに家にいることが多かったです。というのも、この前から身体の具合があまりよくないからです。しばらく安静にして、連休明けに備えていました。もっとも、「連休明けに備える」といっても、私には連休中も連休明けもあまり関係ないのですが、気持ちだけでも社会の流れに合わせようということで。

もともと富条家はあまり外出をしない家風で、特に私は、ゴールデンウィーク中に行楽地に出かけるといったことは、ひきこもる以前よりあまり経験がありません。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。